賢いお金の貯め方

お金の貯め方・増やし方について紹介しています。なかなかお金た貯められないと嘆いている、独身、OL、主婦、中学生、主婦、二人暮しの方、どなたでも手軽に簡単にできて、しかも確実に貯められる方法です。

お金の貯め方と挫折時期

一般に積み立ての挫折時期は、初めて3ヶ月ごろや積立金が20万円、50万円、また100万円を目前にしたときと言われています。お金も少し貯まっているので、つい気もゆるみがちです。今は、挫折時期だと意識して我慢することが大事です。こうして挫折時期を乗り切れば、「貯まる→うれしい→さらに貯まる」 の図式ができてきます。


賢いお金の貯め方

賢いお金の貯め方ってあるのご存知ですか?例えば、どう考えても、我が家と同じ位の収入しかないはずなのに、お金を貯めている人っていますよね。そんな人を見て、きっと何か特別のテクニックをもっているに違いないと、思っていませんか? でも実は、お金を貯めるのに、テクニックなんて特別なことは必要ないのです。お金を貯めるために必要なこと・・・それは、「お金が貯まる体質」です。お金にも「貯まりやすい体質」と「貯まりにくい体質」があります。「お金がぜんぜん貯まらなくて・・・」と嘆いてるあなた、大丈夫です。お金を上手に貯めるコツを覚えれば、誰でもちゃんと貯められるようになります。お金で泣かない人生をおくるために、早速、はじめてみてはいかがでしょうか。


上手なお金の貯め方 

ある程度貯まったお金を殖やすには、金融商品の知識や、それを運用するテクニックが必要になります。でも、元手がなければ、殖やすも何もありませんよね。というわけで、殖やすテクニック云々より何より、まずは上手に賢いお金の貯め方を身につけ、コツコツと貯めることが大切です。「でも我が家の収入では、とても貯蓄なんて出来ない」って思ってませんか? それそれ、その考えが「貯まらない体質」の人の考え方です。こういう「貯まらない体質」の人は、大体、家計に余裕があるときに貯蓄しようと思いがちですが、それではいつまでたってもお金はたまりません(キッパリ)。この余裕があるときに貯蓄をしようという発想をやめるのが、「お金が貯まる体質」になるための第一歩です!

手軽で簡単なお金の貯め方・増やし方

お金の貯め方は、実は手軽で簡単。お金を貯めるためには、まず預金して残った金額でやりくりする習慣をつけなければいけません。実は、お金を本気で貯めたいのなら、財形貯蓄で給料から天引きで強制的に積み立てていくのが一番です。勤めている会社に天引き制度がないなら、積み立て預金の口座を設け、お給料が入金されたらすぐに自動引き落としされるように設定しておきましょう。いずれにしても、こうしてお給料をもらったらすぐに貯蓄し、残った金額の中でやりくりをする習慣をつけるということが大切なのです。そして、こんなふうにコツコツ積み立てていけば、年収が300万円の家庭でも、1年半で100万円を貯めることも可能になります。さあ、あなたも始めてみましょう。「どうせダメ」とぼやくだけでは、お金は決して貯まりません。


お金の賢い貯め方、貯蓄額は給料の20%!

お金の賢い貯め方の貯蓄額は、給料の20%にして、くれぐれも張り切りすぎないように注意して下さい。極端な食事制限をして一気にやせても、体を壊したり、反動でドカ食いにはしったリバウンドするのがオチです。貯蓄も同様で、張り切って毎月の貯蓄を増やし、節約に節約を重ねても、そう長く続きません。家計が破綻するか、節約の反動で、それまでに貯めた以上のお金を一気に使ってしまうというようなことにもなりかねません。貯蓄額は、手取りの給料の20%以下が理想です。これを超えると家計が相当きつくなることを覚えておきましょう。


主婦・OLのお金の貯め方の注意点

主婦・OL・独身者・中学生・子供に限らずですが、あればあるだけ使ってしまう。これも貯まらない人に共通した特徴です。とにかく、無駄な出費が多いようです。貯まる体質になるにはこうした無駄をなくす努力も欠かせません。見るだけと思ってバーゲンにいくと安さにつられて必要ないものまで買ってしまう、空腹時にスーパーに行くとあれもこれもと買いすぎる、子供を連れて買い物に行くといろいろ買わされるなどなど。こんな場合には、バーゲンには行かない、スーパーには満腹時に行く、子供を連れて買い物に行かない、などの行動修正が有効です。つまり、徹底的に自分の行動を洗い出し、無駄遣いの原因を見つけ、避けることが肝心です。